G-Trend

GPSの計測データは、
  • GPS衛星の状態
  • 電離層・対流圏の影響
  • マルチパス
  • 基線長
等、様々な要因により帯状にバラついてしまいます。
図:計測データ

G−Trendでは、計測データを、真の変位を示す「トレンド成分」と、計測誤差よりなる「ノイズ成分」に分離します。
解析には、カルマンフィルタのアルゴリズムを用い平滑化処理を実施しますので、安定した斜面変位の抽出が可能になります。

下図の青い点はGPS計測データ、赤い線(=トレンドライン)は時系列解析結果を示しています。計測データが追加されるたびに、逐次、解析を行い、真の斜面変位をグラフに描きます。トレンドモデルにより1〜2mm程度の変位を検知することが可能です。

 計測データ トレンドライン

※松田浩朗,安立 寛,西村好恵,清水則一(2002):GPSによる斜面変位計測結果の平滑化処理法と
変位計測予測手法の実用性の検証,No.715/?-60, pp.333-343,土木学会論文集